閉 店 ?

こんにちわ。


5年弱のご無沙汰。
お好み焼きぱくぱく(8989)のホームページ管理人です。


この5年の間、記事にはしておりませんが、
開店30周年達成・お父さん(店主)の療養のため臨時休業・僕の転職失敗  等々、

あ、最後は関係ないですね スイマセン


しかし、、、、とうとう。。。

これ、お知らせがきてしまいました。

 ====================
 閉 店 の お 知 ら せ
 ====================


いつの日だったか、店内の客は僕一人の平日の深夜

古ぼけたお好み焼き屋BARと化した店内で、酔っ払いが2人


     僕       :この店は、息子さん跡を継がないんですか?
お父さん:継ぐもんかい!苦労してんのに。。。


中学生からお世話になっているこの店も、いつかはなくなるのか?
と、酔いながらぼんやり覚悟しても現実味はなかったような、、、

みんな仲良しクラスの小学校6年生、いずれは卒業がきてしまうとは理解してんだけども、
いつまでもこのままでいれるんだよ!ってあの感じ。

 

わかってますよ!

僕らだってこどもではない、世の諸行無常
いつかは終わりはきますよ!

しかしねぇ、、、

 

 

僕の中二の頃、あまり意味のない塾の夏期講習の昼休み。
同級生に誘われて行った263号線沿いの道路から丸見えの本場広島風お好み焼き屋。


あの頃は多分開店から3年くらいの頃かな。
8月の猛暑日、店内は今と違ってクーラーバリバリ。

福岡生まれの僕には、広島風なんて馴染みがなくって、多分関西風のお好み焼きを注文したかな?
どういう経緯で広島風を食べるようになったのかは覚えていない。

吉野家松屋すき屋が、今ほど馴染みのなかった90年代。
10代・20代の野郎の超ダイナマイト級の食欲を1000円以下で満たしてくれるのは、
個人経営の古ぼけた下町の中華系ラーメン屋・定食屋が主流でしたね。
その中に割り込んでたお好み焼き屋。

ずっとハマってたのは、広島風の生イカ大盛り。
480円プラス大盛100円マイナス学割50円の 530円
このボリューム、味でこの値段は他にはなかったっす。


10代 高校時代の中間・期末試験はどうでもよく、午前上がりで8989で食べるのが楽しみ。
20代 東京から帰省した時は、自宅より先に8989
30代 独身時は週に3回ほど通い、お父さんと酔っ払いトーク


アタシの8989論を多く語ってもしょうがないですが。。。

 

ほとんどの常連客が感じてると思うんですけどね、この店が好きな理由。

ウソの一つもつけないであろう人の良すぎる夫婦。
その裏返しで商売・金儲けが超ヘタ。

マシンガントークでゆっくり漫画も読ませてくれないお母さん。

酔っぱらって、たま~に何かをしでかしてくれるお父さん。


ある時、広島出身の常連客が言ってました。
『こんな店広島にもないわ。この店はねぇ、本場の広島以上の店じゃけぇ。』

残り少ない昭和の香りが残るこの名店は、このまま終わってしまうんでしょうか。。。


8989のお父さん、お母さん。

あのお好み焼きはあなた方二人しか作れない。
他では絶対に食べられない。


Please reconsider.

                  訳) 考え直して。

 

 

<a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TIS1C+D7PDWA+3SPO+BYDTT" target="_blank" rel="nofollow">
<img border="0" width="180" height="150" alt="" src="https://www24.a8.net/svt/bgt?aid=170517360799&wid=002&eno=01&mid=s00000017718002008000&mc=1"></a>
<img border="0" width="1" height="1" src="https://www11.a8.net/0.gif?a8mat=2TIS1C+D7PDWA+3SPO+BYDTT" alt="">

 

ブログ変更

2017年5月16日

下記URLのアメブロより、はてなブログへ移設いたしました。

今後とも夜露死苦


(旧) http://ameblo.jp/seven-samurai92

(新) http://seven-samurai92.hatenablog.com


            七人の侍